ヘルペスは免疫力が低下すると発症することがあります

ヘルペスは「単純疱疹」と「帯状疱疹」という2種類あります。
単純ヘルペスウイルスには、すでに約80%の人が感染しているて言われていて、免疫力が低下していると表面化して発症するみたいです。
痛痒い水ぶくれ状の発疹が出てます。
単純ヘルペスウイルスの場合には、身体のどこでも発症するヘルペスウイルスを持っていますが、症状として出る人は少ないようです。
体調が悪くなったり、疲れがたまると小さな水泡の発疹が出るようですが、この水泡が破れてかさぶたになれば、1~2週間で治るそう。
ただ、一度できた場所にはできやすくなるので、疲れが出たり、体調が悪いときなどは再発しないように注意しましょう。
帯状疱疹は、胸、背中、お腹、頸部など身体の神経に沿って、さまざまな大きさの発疹が出ます。
痛みが強いのも特徴です。
体力が弱っている人や高齢者の人は入院になることもあります。
ヘルペスウイルスは空気感染はしません。
ヘルペスはウイルス感染によって発症し、感染者への接触によって感染することがあります。
症状が出ている人への接触は気をつけましょう!!参考にしたサイト⇒ヘルペス サプリ

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.