性交痛はパートナーと話し合うことも必要です。

性交痛はさまざまな原因で起こります。
中には病気が原因で引き起こされるものもあるので注意が必要です。
子宮内膜症や卵巣のう腫、子宮筋腫、性病などの怖い病気もあるので、痛みがある場合には一度お医者さんに診てもらったほうが安心です。
婦人科は行きづらい…という理由で受診しない方もたくさんいるみたいです。
しかし、大きな病気がかくれている場合もあるので、性交痛がある場合には勇気を出して婦人科を受診してみましょう!
病気の他にも、潤滑油の役割をする粘液の分泌量が少なくても痛みが生じます。
この場合には、潤滑液補助ジェルというものもあるので、試してみるのもいいかもしれません。
他には、精神的な問題もあります。
なにかトラウマがあったり、痛くて嫌だ…という思いが強かったりすると、心理的なもので性交痛が起こることもあるようです。
このような場合には、カウンセリングをしてメンタル的な要因を取り除くことも必要です。
一人で悩まず、パートナーと話し合ったり、婦人科で相談してみましょう。

お世話になってるサイト>>>>>性交痛 潤滑ゼリー

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Comments are closed.